キャッシングでは限度額は年収を基準に決める

通常、銀行でローンを組むときには一定金額の融資を行ってもらうことができます。

 

この融資の基準というのは、消費者の年収や勤続年数を考慮して返済することが可能な金額を融資するように決められています。

 

ただ、銀行の融資の基準がキャッシングと大きく異なるのはある程度融資の限度額を銀行自身が決めることができる点にあります。

 

キャッシングの限度額というのは、それを提供する消費者金融が決めているわけではなくあくまでも法律的な規制を順守して行っているにすぎませんので、消費者金融が個別に判断して融資の金額を決めているわけではありません。

 

そして、この法律的な規制の基準というのは消費者が稼いでいる年収に依存しているのです。
これは総量規制と呼ばれている規制で、貸金業法によって融資が実施されている限りは全ての消費者金融に対して適用されます。

 

総量規制は、年収の3分の1という基準を設けてその枠内で自由に融資をすることを求めている規制なので、消費者金融が個別に判断してどれだけ多くのお金を消費者に貸そうとしてもそのようなことは認められません。

 

キャッシングの年収というのは、こうした限度額を決めるための基準に利用されるということを知っておきましょう。

 

年収を基準とすると融資の安全性が高くなる

年収を基準として限度額を決めると、その融資に関しては非常に高い安全性を確保することができるというメリットが出てきます。

 

確かに、年収の3分の1を基準として枠を作ってしまうとそれ以上のお金を消費者金融から借りることができなくなります。

 

しかし、これはそれ以上のお金を無理に借りないようにすることで、消費者が無茶な融資の契約を締結しないように考えられたリスクヘッジのための規制ともいえるのです。

 

実際に、一般の消費者は消費者金融のキャッシングを利用する際には保証人を用意して審査を受ける必要がないという事実があります。

 

キャッシングは無担保型のサービスとして一般の消費者に用意されたサービスですが、このようなサービスを提供することができるのも総量規制によって法律的な安全性を高めているからに他なりません。

 

一方で、総量規制が適用されない銀行のサービスでは銀行が厳しい審査基準を設けて個別具体的に適性判断をしなくてはならないので、大きなお金を借りることができる一方で融資に関するリスクも上昇してしまうというデメリットがあります。

 

少なくとも、キャッシングでは年収を軸とする限りそのようなリスクは出てこないので、初心者であっても安全にお金を借りることが可能なのです。

 

プロミス

300 × 250

平日14:00までにWEB手続き完了で即日融資も可能!

CMでもおなじみのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミスは、30日間無利息サービスやレディースキャッシングなど、充実したサービスで初心者にも支持されているカードローン。

自動審査は最短30分
インターネットや携帯電話からなら24時間・365日いつでも申込可能
パートやアルバイトでも一定の収入があれば融資可能なので、いざというときのために持っておくととても重宝する一枚です。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


限度額を決めるためにキャッシングでは年収を参考にする


金利 4.5%〜17.8% 限度額 1万円〜500万円 審査時間 最短30分

関連エントリー

即日融資を申し込む前に確認しておきたい注意点
いますぐお金が必要な人にとって、すごく便利なのが即日融資のカードローン。でも、いつでもすぐに借りれるわけではありません。即日融資のカードローンを利用するにあたって、勘違いしがちな注意点について解説します。
キャッシングで即日融資。今日中にお金を借りることができる消費者金融
今すぐお金が必要!そんな時は即日融資が可能のキャッシングで借入。
即日融資なら銀行系カードローン。大手銀行のカードローンでキャッシング
銀行系カードローンで即日融資をしたいなら、こちらをチェック。最短今日中に借入審査。
消費者金融【即日融資が可能なキャッシング比較】今日中に借りるならこちら
消費者金融で今すぐお金を借りるなら即日融資対応のキャッシングで借りましょう。
事業資金が今すぐ必要なら即日融資が可能な消費者金融
事業資金を今日中に準備しなければならないなら即日融資が可能なキャッシングを利用しましょう。
カードローンを利用する前に返済方法を知っておこう
在籍確認なしのカードローンなら、誰にも内緒で借り入れができる!